無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第65話

Yellow②
Wチキン

((お手数ですが名前を名字に変えてください🙇‍♀️





あなた)久しぶり、中間。

淳太)久しぶり

あなた)なんか、会ってたのに全然喋ってなかったなって思って

淳太)せやなあ

あなた)なんか、変わった?(笑)

淳太)なにが?

あなた)感じが、かな 中間じゃない感じ

淳太)どうゆうことやねん(笑)

あなた)よくわかんない(笑)

淳太)あなたが話しかけてくれへんかったら俺ずっと喋られへんかったかも

あなた)感謝してよね、チキンめ

淳太)うっさい チキンちゃうわ

あなた)ふふw 充分チキンだよ 中間も私も

淳太)あなたもか~w

あなた)悪かったね(笑)

淳太)おんw

あなた)いつも電車この時間なんだ?

淳太)だいたいはな

あなた)そっか~ またゆっくり話したいね

淳太)…せやな

あなた)じゃあ私塾だから、またね

淳太)おん また…な




次の日、その次の日も君はこの時間に姿を現すことはなかった。


ほかの時間にも。


そしてある日、私宛に手紙が届いた



あなたへ

ごめんな。こないだ会った時言われへんかったんやけど、俺引っ越してん。
会えたらいいなって嬉しそうにゆってた顔思い出すと泣いてまいそうになんねんけど、ごめん、ほんまに許して。
また絶対会いに行くから。
それまで元気にしてるんやで!


せや、こんなとこでゆうのもなんやけど俺あなたが好きや。
ごめんな、直接いえんくて。俺チキンやからさ(笑)
手紙になってしもたけど、ずっと交換してなかった電話番号も書いとくからいつでもメールとかしてや
でも、やっぱり先に手紙で返事ちょうだい
久しぶりにあなたの字がみたいわ
どんだけ綺麗なったんか(笑)

ここまで読んでくれてありがとう。


絶対に会いに行くからな!!

中間淳太



こんなの来たら、こっちが泣いちゃうじゃん(笑)

ほんとに、もう会えないのかと思った。


でも住んでるの台湾じゃん


戻っちゃったじゃんか


遠い…




ピーンポーン




あなた)はーい

淳太)よっ

あなた)?!!!

あなた)待ってなんでいんの

淳太)会いたくて

あなた)台湾から?

淳太)おん

あなた)まぁ中間は金持ちだもんね いいや、入って

淳太)何日か泊まらしてや

あなた)はあ?

淳太)え、無理か

あなた)いや別にいいけどさあ びっくりしたよ

淳太)ええんや おおきに

あなた)てゆか今手紙読み終わったとこなんだけど(笑)

淳太)タイミングよかったw

あなた)いいのかな笑

淳太)てかさ、読んだってことは…

あなた)…// うん、みたよ

淳太)俺と、付き合ってくれる?

あなた)…う、うん お願いします//

淳太)だいぶ遠距離なってまうけどちょくちょく会いに来るから



あなた)うん、ありがとね



そして中間は私を優しく包んで


淳太)今日の夜は寝かせへんで?

あなた)ばーか変態

淳太)黙れww

あなた)そっちこそ黙れー





















なんの茶番や











-fin-