無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第77話

Blue①
神様には全てお見通し

















私は一人暮らしをしている大学生。




部屋にはお風呂がないから毎日銭湯に通っている。




そこで出会ったとあるイケメン。




まだ話したことはないけど挨拶くらいはする。




だって毎日会うんだもん




この間、私が研究で遅くなったとき、風呂屋のロビーみたいな所でその人携帯触ってて、こんばんわ~って言ったら、あ、どうも。ってゆって帰っていったんだけど、謎だよね(笑)




そしてまた別の日には同じくらいの時間に来て、帰る時にロビーに彼がいて、外に出る時も一緒だった。



帰る方向は逆だったんだけどね




あの人も一人暮らしなのかなぁ、何歳なのかなぁ、彼女いるのかなぁって、いろいろ考えてしまう。




そんなある日、銭湯に行ったら彼に声をかけられた。





藤井流星
藤井流星
あ、あの、サウナとか岩盤浴とかって、興味あります…?





あまりにも急すぎてびっくりしたけど







あなた

岩盤浴…

藤井流星
藤井流星
はい
あなた

まあ、よく入りますけど

藤井流星
藤井流星
一緒に行きません?
あなた

藤井流星
藤井流星
あ、すみません、急ですよね…
あなた

いや、大丈夫ですけど、お名前とか…伺っても?

藤井流星
藤井流星
すみません、藤井流星です。24です。
あなた

西井あなたです、21です。

藤井流星
藤井流星
あなたさん、てっきり、同い年やと思ってました。大人っぽいですね
あなた

そうですか?

藤井流星
藤井流星
はい、お綺麗ですよ
あなた

ぁ、ありがとうございます//

藤井流星
藤井流星
岩盤浴の件、検討していただけますか?一人で行くの恥ずかしくて 友達も予定が合わないんで💦
あなた

あ、そうだったんですか。いいですよ!行きましょ!

藤井流星
藤井流星
ほんまに?!いいんですか?
あなた

はい!岩盤浴、最近行ってないですし

藤井流星
藤井流星
ほぉよかった!ありがとうございます!
あなた

いえいえ笑