無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第75話

Green①
君とは友情を育みたい。








さっき同じクラスの神山くんに告白してあっさり振られた私。

振られる事を覚悟して告白したからもうなんとも思わない。


「神山くんの事を好きになるのをやめよう。」


ただそれだけ






神山智洋
神山智洋
あなたちゃーん!
あなた

え?



後ろから聞こえた声は紛れもなく神山くん


なぜか私の元に走ってきた。
あなた

どうしたの?笑

神山智洋
神山智洋
あ、いや、えっと、さっき振っちゃったけど、あなたちゃんとは友達でいた方がなんか、付き合いやすいってゆうか…
あなた

あ、もう、大丈夫だよ!神山くんとは、これからも「友達」として仲良くしたいし!

神山智洋
神山智洋
そ、そうか!ならよかったわ!ごめん!
あなた

うん!じゃあ、行くね!わざわざありがとう!

神山智洋
神山智洋
おう!



そんなこと、言わなくても分かってるよってね…


だから振ったんでしょって、いいたかったけど、もういいの。


はあ、今日も疲れたや、早く帰って寝よ~




~翌日~


先生「席替えするぞー」
生徒「やったー」
先生「くじ作っといたから引いていけー」





~~








きり悪くてすみません🙇‍♀️