プリ小説

第2話

告白
晴
あのさ....俺、
あなた

え..?

君が俯きながら、私に近付く。
君が、私のすぐ目の前にいる。

ドキ____ドキ____ドキ____
晴
俺、お前が...あなたが好きだっ!
途端に私の時が止まる。周りの音も、私の呼吸も。

これは、夢?
晴
返事...後で良いから。
そう言い残して、歩き出す君を..私は気付いたら追いかけていた。
あなた

待って!

君の服の裾を掴む。
私よりも大きい背中に、顔を埋めて火照る頬を隠して言う。
あなた

....も...私も、晴が..好きっ

晴
ま、まじ!?
あなた

えへへ、...まじ..。

くるりと向きを変えて私を見る彼に、小さく笑ってみせる。
ガササッ
あなた

な、何!?

クラスメイト
あちゃー、バレちゃった、、。
クラスメイト
きゃー、甘酸っぱい!!!
クラスメイト
青春かよー
音のした方に目を向けると、ぞろぞろとクラスメイトが出てくる。
晴
お前ら...
あなた

み、見てたの...?

クラスメイト
いやー、普通気付くでしょ!
クラスメイト
うん、二人していなくなったらねえ...?
晴
あー、ほら、戻ろうぜ?打ち上げ再開だー!
クラスメイト
うぇーい!
皆が教室に戻る。

本当は、もう少しだけ...二人きりでいたかったな..なんて。

友達に囲まれている晴を見ながら、笑う。

好きな人と結ばれて..

祝福されて...

今日は、片想いの卒業式だ。

今日から、君の彼女始めます。
大きな幸せがある人程、気付かないこと。


幸せは、いつか終わりを告げる____

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

Hononeko
入賞者バッジ
Hononeko
只今、更新亀🐢さんです、 ごめんなさい(இдஇ`。) お気に入り⭐︎300(2018.11/20) お気に入り⭐️200(2018.6/5) お気に入り⭐️100(2018.1/10) ----------✂︎ キリトリセン ✂︎ ---------- 良いね👍やお気に入り登録ありがとうございます!! 飛び跳ねて喜んでますm(*_ _)m 浦島坂田船LOVEです!💚💜❤️💛 こたぬき💚