プリ小説

第3話

クリスマス
12月25日     クリスマス

高校生になって、初めて大好きな彼と迎えるクリスマス



に、、なるはずだった____



今年のクリスマスは日曜日。
バイトを終えて、待ち合わせの場所へと向かう。
夕方を過ぎて、もう19時になる。待ち合わせ時間は、19時。

まだ、彼はいなかった。
あなた

もうすぐ、だな、。

19時05分

彼はまだ来ない。

イルミネーションが輝く広場で、私の前を何人もの恋人達が通り過ぎて行く。

寂しさを紛らわすように、マフラーに顔を埋めて息を吐いた。

あなた

...さむ..

19時40分

まだ、来ない....。

こんなに遅れることなんてなかったのに。

さっき送ったLINEのメッセージは既読のまま。

でも、返事はない。

どうして、?






____結局、彼は来なかった。____
21時を過ぎた時、少しだけ彼を疑った。

でも、待ち続けて0時を回る。

クリスマスが終わってしまった......。

泣きながら家に帰った後は、あまり覚えていない。

渡すはずのクリスマスプレゼントは、雪が少し積もっていて、濡れていた。

そのまま涙は止まらなくて、泣き疲れた私はリビングで眠りについた。
ニュース
12月25日、18時45分頃に強盗事件が起きました。〇〇県〇〇市の宝石店で大量の宝石を盗む強盗団が侵入し、逃走する際に爆弾を爆破させたということです。その爆破により、宝石店の店員6名が重軽傷を負いました。また、その場に居合わせた月影晴さんと思われる方の身分証明書が発見された他、7名が怪我を負い病院に搬送されました。尚、未だ犯人らは逃走中です。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

Hononeko
入賞者バッジ
Hononeko
只今、更新亀🐢さんです、 ごめんなさい(இдஇ`。) お気に入り⭐︎300(2018.11/20) お気に入り⭐️200(2018.6/5) お気に入り⭐️100(2018.1/10) ----------✂︎ キリトリセン ✂︎ ---------- 良いね👍やお気に入り登録ありがとうございます!! 飛び跳ねて喜んでますm(*_ _)m 浦島坂田船LOVEです!💚💜❤️💛 こたぬき💚