無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第15話

ベットの下②
あなた

ルナのおかげで見つかったよ!

あなた

あとは引き出しを開けるだけ!

携帯を見たら何か思い出せるかもしれない!
みなみもあたしからは言えないって言ってたけど、自分で思い出してみせる!
あなた

よし、なんか緊張する〜

入れようとした瞬間______。
ドンドンドンドンドンドンドンドン!
階段を上がる音…!!!
あなた

どうしよう!お母さんが来る!

コンコン🚪
ガチャ🚪
お母さん
りお?私の部屋で何してるの?
あなた

いや…!ルナが勝手に入っちゃって!物とか落としたらダメでしょう?

お母さん
でもさっき閉めたつもりなんだけど…?
開いてたかしら?
あなた

えーっと…、す、少し隙間があ、開いてたみたい!

お母さん
そう、ご飯だから早く降りてきなさい、
とっさに鍵を隠した
あなた

は、はーい!

戸惑っちゃったよ、!
嘘ってほんと無理、
あなた

今は下に降りるしかないね…

ドンドンドン   階段を降りる
ご飯🍚
あなた

鍵、見つかったよ(小)
でも、お母さんには言わないでね…絶対!

お父さん
うん…?わかったよ
お父さんはこういうの、うといから大丈夫…!
あとはいつ行くか…だよね、
気になってよるなんか寝られない…!
お母さんが寝てるうちに取りに行こう…!
✄--------------- キ リ ト リ ---------------✄
約3ヶ月ぶりの投稿となりました🌸
すいません🙇‍♂️
投稿していない3ヶ月の間でもお気に入りに登録してくれる方が結構いてくれて嬉しかったです😉ありがとうございます!

「君を好きな理由」

話の進展の予想でも!内容で質問でも!気になったことでも!気軽にメッセージください😊必ず返信します!


投稿は少し安定しませんが!完結まで必ず出します!