無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第16話

パスコード。
夜の12時。
お母さんの部屋。

キ~🚪。
引き出しのところまで何とかいく。あなた

あなた

よし…

あなた

ふぅ~
どうかありますように。

ガチャ。🔐  !!!!
思ったよりも鍵の開けた音が大きい…!!





お母さん…。


は、起きてないみたい…。良かった…。
開けてみると…
あなた

わー。
今まで没収されたお小遣いやら本やら私のものでいっぱいだ!

スマホっと…どこだ?

ごちゃごちゃ探すと…
あなた

あ、あった!!

私のスマホ…!!

あなた

早く部屋を出ないと!

ガチャン🚪
自分の部屋で早速スマホを開いてみる。
携帯
6桁のパスコードを入力してください。
あなた

ろっ、6桁のパスコードを入力?!
そんなのわかんないよ~!

時計を見ると午前1時。

眠い。
あなた

あー、やばい、眠くなってきた…。😪

✄--------------- キ リ ト リ ---------------✄
次の日の朝。

パスコード考えながら寝ちゃった!
今は朝の8時!!
8時半までに学校行かないとなのに!

~登校~
8時25分、ギリギリ。


黒板を見ると、
「1限は自習」
みなみ
おはよう☀りお

せっかく急いで来たのに自習だねw
あなた

おはよう☀

ほんとそれw

自習って言っても先生ら会議でしょ?
恋話しよーよ!
あなた

あ、恋バナの前に私の話聞いてもらっていい?

みなみ
なに?
あなた

昨日ね、内緒で携帯を取り返したの、
でも6桁のパスコードがあって、思い出さないし開けないの、

あなた

私のパスコード知ってたりしない??

パスコードってあれでしょ?私知って…
みなみ
ちょっと!
あっ、
あたしらにパ、パスコードなんて知られてたら、りおきっと変えてるよ!!
今の絶対変。
絶対なんか知ってる。
あなた

そーだよね、知るわけないよね!

ちょっと変な空気になったけど、最終的には恋バナにたなって、私のパスコードの話には戻らなかった。







✄--------------- キ リ ト リ ---------------✄
今回は長めにしてみました😊

早く続きが見たい、内容が少し細すぎ…?
とコメントをいただいたので、少し展開を早くしてみました🙃

次はパスコードがわかっちゃうかも…?!
友達が怪しくて…


💗と🌟お願いします😄