無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

記憶喪失
起きたら病院にいた。
事故にあったのか何らかのショックで半年以上記憶を失っているらしい。そんなに記憶を失いたい事があったのかな。
確かになんで事故にあったのか覚えてない。

医者
もう大丈夫そうなので、退院しましょう。
様子を見てもう1度来てください。
思ったより状態がよく、目覚めて2日3日で退院できた。
すぐ学校に行くことに
✄--------------- キ リ ト リ ---------------✄
あなた

たしか…もう2年だよね…

みなみ
りーお!久しぶり!
あたし達同じ組だよ!!
あなた

みなみだ!久しぶり!

すっごい仲のいいみなみ!よかった〜!
そう言って教室に案内してくれた
久しぶり!
久しぶりじゃ〜ん
みんないつも通り話してくれた。
普通に。
なんで事故のこと聞いてこないんだろう?記憶喪失のことも。

お母さんも教えてくれなかったな。なんで事故になんかあったんだろう。
そんなにショックなことが?
みなみなら分かるかな。
すっごく気になった。
あなた

ねーみなみ?

みなみ
なに?
あなた

お母さんも教えてくれないんだけど、

あなた

あたしが記憶喪失なの知ってるよね?

あなた

そんなに記憶を失いたいほどの事があったのかな?

みなみ
それは…あたしからは言えないんだ、
え…?言えない?
知ってるってこと?
みなみ
次移動教室だよ!はよ行こ!
あなた

うん…

教えてくれないのか…
移動教室で階段を上がると3年生とすれ違った
すっごく楽しそうに話してる。
??
ちげーだろw
誰だろ、この声…
すっごく懐かしい
その声の多分する人と横をすれ違った
顔はまだ見れてない
"ドキドキ"

あっ____。

待って___。