無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

みなみ
あなた

そんなに記憶を失いたいほどの事があったのかな?

聞かれた時言えばよかったのかな。
でも…
プルルル  プルルル 📞
りおが退院した日___。
みなみ
はい、中野です。
お母さん
りおの母です。
明日からりお学校に行けることになりました。
みなみ
りおが!良かった〜!
あなた

それでね、みなみちゃんにお願いがあるの

みなみ
はい?
お母さん
なんで事故にあってしまったのか、言わないでくれるかしら?
あの子すごく辛くなると思うの…
みなみちゃんなら知ってるわよね?
みなみ
はい…
お母さん
あの子、みなみちゃんに聞くと思うの。
そんなに記憶を失いたいほどの事があったのかって。
お母さん
医者にも思い出したらまた倒れるかもしれないって、だから思い出すことだけはさせないでくれるかしら?
みなみ
分かりました…
ガチャン 📞
ほんとに言わなくていいのかな、
このまま終わってもいいのかな?


あたしが全部悪いのに…

りおには1番
"大事な人" がいた事