無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

みなみの彼氏
⚠️第2話  記憶喪失    の続きです。⚠️
すれ違って顔を見ようとしたけど…
もういなくなっちゃった。
名前なんていうんだろう?また会えたらいいな。

キーンコーン カーンコーン キーンコーン🔔
みなみ
あっ、昼休みだ!
もう昼休みか、なんか隣のクラスが騒がしいな?
あなた

ねぇ、なんかうるさくない?

みなみ
あっ、あれでしょ!
かいとがりかちゃんに告るんだよ!
告白か…
✄------------------------ キ リ ト リ -----------------------------✄
かいと
ずっと前から好きでした。
付き合ってください。
りか
はい…!よろしくお願いします。私も大好きです!
わーお、すごい!
いいな〜羨ましい。
あなた

いいな〜
私にも大好きな人いたのかな〜

みなみ
なんで答えてくれないんだろう
あなた

あっ、みなみはいないの?好きな人?

みなみ
いる…よ。彼氏
あなた

へ〜!誰々??あたしの知ってる人?

みなみ
どーだろう…わかんないかな…
あなた

同じ学年?
それとも先輩〜?

みなみ
先輩…だよ
あなた

えー!今昼休みだし会ってみたい!行こ!

あなた

もー!半年の間に〜!みなみは可愛いから〜!

あたしは急いで3階へ
みなみ
ちょっ!待ってよ!
あなた

待たないも〜ん♪

誰なんだろ〜すごい気になる!またあの声の人に会えたらいいな。顔が見てみたい…!
どんな人だろう…!

あっ…
3階に行くとまた"あの声"が聞こえた______。