無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

屋上
次の日_____。
何となく朝早く学校に行った。

あなた

屋上に行こう。スッキリするかな〜

はぁ…。
ため息をつきながら行った。
ガチャン🚪
あなた

あと30分はあるかな

あなた

んん〜!やっぱ気持ち〜!あぁ!

??→→たくみ
いいよね、朝の屋上〜
あなた

わぁ!

おっきな声出しちゃった!
??→→たくみ
ごめんごめんwビックリさせた?
あなた

この人はだめだ。みなみの彼氏なのにドキドキしちゃう。心の準備が出来てない…。
"ドキドキ"  
もう!おさまって!
??→→たくみ
あははっw初めてあった時みたいだw
あなた

初めてあった時…?ですか?

??→→たくみ
あーそっか…。記憶がないんだったね…
あなた

あなた

あの、たくみ先輩と私が話したのって1、2回なんですか?

??→→たくみ
1、2回?そんなんじゃないよ…もっともっとだよ、
やっぱみなみ嘘ついてたんだ…
1、2回で呼び捨てなんておかしいもん。
てか何でそんな悲しい顔するの??
あなた

もっともっと…?

かいと
いや何にもない😌
そのまま30分一緒にいた
✄--------------- キ リ ト リ ---------------✄
ガチャン🚪
みなみ
たくみー、
あれ、なんでりおが…?
みなみ
あなた

ちょうど朝早く来たらいたの!

みなみ
そーなの?
??→→たくみ
偶然だよー
みなみ
ふーん
みなみ
予鈴なるよいこ、
あなた

あっ、じゃあたくみ先輩m(._.*)ペコリ

言うとたくみ先輩が駆け寄ってきた

こっそり、
??→→たくみ
"ここにいるからいつでも来て"
あなた

はいっ…!

"ドキドキ
まただ…
でもこんなん言われたら誰でもドキドキするよね
みなみ
りお早く!
ガチャン🚪😤
なんで怒ってんの?!嫉妬?!
教室に向かった。