無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

相合傘
みなみはそれからずっと機嫌悪くて…
何がそんな気に入らなかったんだろう…
あっという間に放課後になった

みんなは教室から出て部活へ行った
あたしはなんにも部活に入ってない。
みなみも部活に入ってないけど…すごい
あなた

今日はこのあと何があるの?

みなみ
今日はピアノが終わったら新体操〜
みなみは、新体操、ピアノ、水泳、バレエ、塾に通っている。完璧で、しかも可愛い。
あなた

大変だね〜
一緒に帰ろ??

みなみ
あ…ごめん、たくみと帰るんだ…!
ズキン
たくみ先輩と…。
あなた

あっ、そーなんだ〜!全然いいよ!

なにズキンって。何傷ついてんの…、
そーだよね、付き合ってるんだもん、帰るなんて当たり前だよ。
みなみ
じゃあ、ごめんね、また明日ね!
走っていった。玄関で待ち合わせしてるみたい。



少しすると教室から二人が帰っていくのが見えた。
その時ちょうど雨が降っていて、みなみの傘で相合傘をしていた。相合傘をしながら…
あなた

…手…繋いでる…。

みなみはいいなって思っちゃう。
可愛くて何でもできて、かっこいい彼氏もいて…
たくみ先輩が惚れるのも分かる。
それに比べて私は…
って私、変だよ。
まるでたくみ先輩が好きみたいに。
みなみと、付き合ってるんだよ?考えるのやめなきゃ。
たくみ先輩とみなみが完全に見えなくなったあと、私は一人で帰った。
✄--------------- キ リ ト リ ---------------✄
この頃私は  "まだ"  知らなかった。
私にも "大事な人" がいた事_____。