無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

夜の屋上で君と①
家に帰ったらもう5時だった。
勉強しよ〜って思ったけど眠くて寝ちゃって起きたら7時過ぎ!2時間も寝ちゃった!
あなた

勉強しないと〜!

バックから宿題を出そうとしたら…
あなた

宿題学校に忘れた…
明日までのレポートもあるのに…

私は成績優秀な方だし、宿題はともかくレポートの期限を過ぎたら成績が…。
あなた

学校に取りに行こ…。

周りは真っ暗。さっきの雨は嘘みたいに晴れて星がいっぱい出ていた。
走って10分ぐらいで着くかな。
✄--------------- キ リ ト リ ---------------✄
走ってもやっぱ10分じゃ付かなかった。
あなた

はー疲れたーっ!

教室に行って宿題とレポートを取って帰ろうとした。でも…
あなた

あれ?前にもこんな事あったような…

そうだ、前にも宿題を忘れて夜の学校に来て、
あなた

来て、どうしたんだっけ、、このあとどこかに…

思い出そうとして目をつぶると、
あなた

あ…

思い出した、
あなた

星だ…
その日は確か星がきれいで、屋上に行ったんだ…!