無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

夜の屋上で君と②
屋上へ行くことにした。
屋上に行ったらまた何か思い出せそう…
大事なことを忘れてるような…!
急いでいった。
カタカタカタカタカタ
階段を上がる。
ガチャン🚪
屋上のドアを開けた
すると…
あなた

たくみ先輩…?

??→→たくみ
りお…?
あなた

なんでたくみ先輩がいるんですか…?

??→→たくみ
星が綺麗だから見に来たんだ…。
ここからの景色もいいしなー
??→→たくみ
りおはどうしたんだ?、
あなた

私は忘れ物を取りに!

??→→たくみ
そっか。
りおも一緒に星みよう?
あなた

はい!私もほし見に来ました、

そこから無言で星を見てると、先輩が今にも泣きそうな顔をしている…
あなた

なんでそんな悲しい顔をしてるんですか?嫌な事でも…?聞きますよ?

??→→たくみ
あぁ…いや。元カノのことを思い出しててね
元カノ…ってことはみなみより前の人か…
??→→たくみ
元カノと初めて話したのもここなんだ。屋上。
??→→たくみ
去年の春かな。
一目惚れしたんだ、俺が
去年の春って事は私が入学した1年か…。
え、まって、去年ってことは先輩2年生だよね?一目惚れってまさか1年に?!
あなた

一目惚れってことは年下…ですか?

??→→たくみ
それは言えないな〜。
絶対そうだ…。年下なんだ。
あなた

じゃあそれ以上聞きません。
違うこと聞いてもいいですか?

??→→たくみ
ん?