無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

夜の屋上で君と③
あなた

違う事聞いてもいいですか?

??→→たくみ
ん?
あなた

元カノさんの事…。忘れられてないんですか…?

今の彼女がいるのに、元カノの事を想ってそんな悲しい顔をしてるなんて…
きっと忘れられないんだな…
??→→たくみ
今はみなみがいる、もちろんみなみの事は好きだけど、元カノの事は正直、忘れられてない。
??→→たくみ
初めてだったんだ、こんなに好きになった人
??→→たくみ
彼女何人かいた事あったけど、なんか違かったんだ、元カノは
あなた

みなみは、忘れられてないこと知ってるんですか…?

こんなの可愛そすぎる…
自分だけじゃなくて、ほかの人も好きだなんて…私には耐えられない…
??→→たくみ
みなみは知ってるよ…。
それを知ってて俺に告白してきたんだ。
少しずつ私の事を好きになってくれればいいって。
みなみ…。幸せそうだったけどホントは辛かったんじゃないかな…?だから嫉妬もしてたんだ。常に心配なんだね…。
あなた

気になったんですけど…

あなた

そんなに好きならなんで別れたんですか…?

??→→たくみ
振られたんだ…。いきなり。
"もう好きじゃなくなった"
って言われて、他に理由も教えてくれなくて…引き止められなかったんだ。
??→→たくみ
元カノはその日に___。
あなた

???

??→→たくみ
あっ、いや、なんにもない。
あなた

元カノさんって誰なんですか?
酷いです。理由も教えたいで別れるなんて!

??→→たくみ
でも言えない理由があったんだと思う。
まだかばうの…?そんなにたくみ先輩が好きな人なんて…。こんなに想ってもらえてるのに…

元カノさんはどんな人なんだろう…
私だったらこんなに自分の事想ってくれてる人振るなんて出来ない。 酷すぎるよ…。
✄--------------- キ リ ト リ ---------------✄ 
6日ぶりの投稿です❄
4話分の投稿をさせていただきました😊
読んでくれたら嬉しいです。
いいね👍💕応援してくれたらもっと嬉しいです😊お気に入りもぜひぜひ、お願いします。