無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

夜の屋上で君と④
??→→たくみ
俺も1つ聞きたいことがあるんだ
あなた

はい?

??→→たくみ
りおは本当に何にも思い出してないの?
あなた

なんにもって訳じゃ…。
さっき、前にも夜の屋上に来た事あることなって思い出して屋上に来てみたんです。

あなた

他にもなにか思いだれそうだったんですけど…
思い出せなくって

絶対思い出せると思ったのに、たくみ先輩いたから、、全部吹っ飛んじゃったよ、
??→→たくみ
そっか、
??→→たくみ
携帯はどうなってるんだ?
携帯…?あ、あたし携帯持ってたんだった!
忘れてた…。家帰ったらお母さんに返してもらおう…
あなた

まだ返してもらってなくって!
家に帰ったら返してもらいます!

??→→たくみ
そっか、、。
もう8時すぎだし、そろそろ帰らないと。
送ろっか??
あなた

大丈夫です!もう少しここにいます…!

??→→たくみ
じゃあ、俺帰るね、
気をつけてね、
ガチャン🚪
帰っちゃった、
あなた

で、何を思い出そうとしてたんだっけ

あなた

星を見に来て、屋上来て、誰かと話して、

え?誰かと話して…?
誰と話したんだっけ??


考えると


あー…頭痛い…
ズキズキ


頭の中で何かの言葉がよぎる______。
"綺麗な星を好きな人と一緒に見たいって思ってたんだ。それで、今、星を一緒に見たいって思うのは君だよ"__。
あなた

屋上で言われた言葉…。
この声、たくみ先輩に似てるような…