無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

携帯①
⚠️11話の続き⚠️
あなた

たくみ先輩の声に似てたような…

やっぱ頭痛い…。
思い出そうとするとダメなのかな…?
早く帰って寝よ。
✄--------------- キ リ ト リ ---------------✄
あなた

ただいま〜

お母さん
何してたの?
あなた

学校に忘れ物取りに

お母さん
あーそうなのね。
もう少し早く帰ってきなさい。
あなた

はーい

あ、そう言えば携帯…言わなきゃ。
あなた

ねぇ、お母さん?
私の携帯返してくれる?

お母さん
携帯…?
お母さん
携帯は…だめよ。
りおの携帯だから解約したり勝手なことは絶対しないから、、
ちゃんと記憶を思い出したら返すわ。必ず
携帯に思い出すきっかけがあるって事ね…
あなた

うん、わかった、、

思い出したいもの、探すに決まってるじゃない
家のどこかにあるよね…
でもどこに隠すんだろ?
✄--------------- キ リ ト リ ---------------✄
ガチャン🚪
あっ、お父さん帰ってきた!!
お父さんなら知ってるかな??
あなた

…ねぇ、お父さん?(小)

お父さん
…なんだ?(小)
あなた

お母さんがものを隠すとしたらどこに隠すと思う?(小)

お父さん
…何でた?(小)
あなた

いいから!!!!!

お父さん
?!?!

多分鍵のかかった引き出しかな…。
あなた

鍵のかかった引き出し…