無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話

携帯②
あなた

鍵のかかった引き出し…

それなら何となくわかるような気がする…
お母さんの部屋の引き出かな…
あなた

でも、お父さん、鍵は?

お父さん
それが分からいんだ…
でも最近、その "鍵" をなくしたとか言ってたような…
あなた

なくした?!

そんなん探し用がないじゃん…
でも私の携帯を引き出しの中に入れてるって確信ある訳じゃないし…
どうしよう…
ルナ
にゃ〜
あなた

ルナ!

⚠️ルナは飼ってる猫です!⚠️
あなた

どうしたの??

ルナはこっちをチラチラ見ながら進む。
ルナ
にゃ〜
あなた

ついて来いってこと?

どこに行くんだろ。
ついて行くと、お母さんの部屋の前に来た。
                         ガチャ🚪 キ~

カチッ 💡
あなた

あっ…

入ってすぐに


引き出しあった…
この中に携帯あるのかな…
でも鍵……
鍵ないと…
ルナ
にゃ〜
ルナがベットのしたに入った。
あなた

ルナ!ダメだよ!

あなた

も〜

ルナを出させようとベットの下を覗こうとすると

何かをくわえながら出てきた。ベットの下から出てきた
ルナ
にゃ〜
あなた

鍵…

ルナがくわえてたのは、"鍵"  だった。
あなた

ルナ…その鍵…!