無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第14話

ベットの下。
あなた

ルナ…その鍵…!

あなた

なんだ!すぐ見つかるじゃん!

運がいいかも🎶
こんな早く見つかるなんて!!
あなた

ルナ、その鍵貸してくれる?

よーく見ると、
あなた

これ、最近なくしたって言ってた…

あなた

家の鍵じゃん!!!!!!

あなた

隠してたのはルナだったのね!

ルナ
にゃ〜?
あなた

にゃ〜?じゃないよ!もう!

こんな早く見つかるなんておかしいと思った、
はぁ〜
あなた

もう!ルナどいて!自分で探すわ!

お母さんの部屋の中を探し始めた、
ないなー、
あとはベットの下だけ、
しゃがんで見る👀
あなた

ベットの下ってよく見えない、

光を照らす💡💡
あなた

ん?なんか光ってる?でもよく見えない。

手だけ入れて探ってみた
あなた

あっ、なんか掴んだ、

これもしかして…鍵?
あなた

鍵だーーーーーーーー!

やったー!

あっ、
大声で叫んじゃった、!
ルナ
にゃ〜?
あなた

さっきは怒鳴ってごめんね!
ルナのおかげで見つかったよ!