プリ小説
一覧へ

第1話

桜が似合う君
僕は松本朔也(マツモト サクヤ)高校2年生です。
平凡に、暮らしています。
でもそこにそっとピンク色に染めてくれる人がいました。
そう僕が初めて恋に落ちた子です。
あの子に出会ったのは高校の入学式の日、桜の木に挟まれた道を歩いている時に初恋のあの子を見つけました。
1本の桜の木をずっと眺めている君……
長い綺麗な髪と光って綺麗で大きな瞳を持っている君に……
高校の入学式あの子は僕と同じ高校の人でした。
そしてクラスも一緒でした。
僕は少し奇跡だと思ってしまった……
席も隣で焦ってしまった……やばい…

「出席とるぞー、堺、桜木、中宮……………」
「はい…」
そうこの子の名前は中宮愛咲(ナカミヤ アズサ)

中宮って言うんだ……

「明日から本格的に勉強始める」
先生「はぁ〜い」ミンナ
先生「解散!」
ザワザワ
「あの中宮さん?」
「はい!?えっーと名前は……」
「あっ!松本朔也やです。コレから話しかけてもいい?なんか一番仲良くできそうな気がして笑」
「いいよ!あっ私の名前は中宮愛咲よろしく!呼び方はなんでも」
「わかった!よろしく!」
「愛咲〜!」
「あっ!はーい!ごめんもう行くね!また明日!」
「うん!」バイバイ

友)あいつだれ〜?愛)とーもーだーちー!ニコッ

かァ〜////嬉しい

コレから上手くいきそうだ!!!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

まりあ
まりあ
初心者で下手くそですが良ければよんでください! よろしくお願いします!