プリ小説

第7話

学園祭当日
学園祭当日は、僕のクラスで男子だけで
「ロミオとジュリオ」の劇をした。

もちろん僕ら裏の方での手伝い人の前に経つなんて僕にできない




休憩時間
朔也
中宮さんのところ行ってみようかな?
結局僕のクラスの女子はメイドカフェをするらしい



1人で入るのなんか緊張するな…
朔也
(どうしよう入っていいのかな)
オロオロしているうちに
愛咲
あっ!朔也くん!来てくれたんだ!
朔也
わぁ!中宮さん!
愛咲
早く入ってよ!!
きてきて!



やばいメイド服も似合ってて
手を今つかまれて引っ張られてる瞬間が幸せ!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

まりあ
まりあ
初心者で下手くそですが良ければよんでください! よろしくお願いします!