プリ小説

第2話

桜色の君
本格的に始まった学校には
夏が訪れていた

愛咲
朔也君
ハイ プリント
学園祭の計画表らしいよ〜
朔也
あっ!
ありがとう!
そうなんだ〜
中宮さん何するか決めた?
愛咲
まだ〜
でも周りの子はメイドカフェやりたいんだって〜
朔也
あるあるだね〜
でも似合うと思うけどな〜
愛咲
んっ?
何が?
朔也
あっ!いや!何にもない!
あっぶねー
口滑らせてどうすんだよ

















でもこれから学園祭までが楽しみになってきた!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

まりあ
まりあ
初心者で下手くそですが良ければよんでください! よろしくお願いします!