無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

気づきの恋色
そらちぃ
(なんだかチクチクするな、、)




そらは隠れながらも胸を押さえていた



























そらsaid.








エイジ
ごめん、あなた
つい///
あなた

うん。いいよ///






そんなふうに2人の仲が良い様子が隠れてながらもなんか分かった






、、














そらちぃ
はぁ…
深いため息をつく







教室に戻れなかったから屋上に行った。













静かな色の夕暮れだった
なんだか今のそらの心を丸写しだような色、




そらは手すりによっかかり夕暮れをじっと見る







そらちぃ
(祝福したのに。なんだこの気持ち
モヤモヤするっていうかなんていうか。変だな俺。)




すると後ろからトントンと叩かれる





そらちぃ
ん?
あなた

なに、ふてくされてんの笑

そらちぃ
(一番会いたくねえ奴。)
なんだよ
あなた

また、怒ってんの?

そらちぃ
怒ってねえし
あなた

ほら、怒ってる

そらちぃ
だから!怒ってねえ!!
あなた

…。
ほら

そらちぃ
…なんか最近お前見ると胸騒ぎがする
あなた

え?何それ笑
嫌いってこと?

そらちぃ
違う。
嫌いなら、こうやって喋らねえし
あなた

ふーん。
まあええけどな

そらちぃ
何その下手くそな関西弁
あなた

うっさい!

そらちぃ

それより、えいちゃんは?
あなた

トイレ、もうそろそろ来るよ

そらちぃ
そう。
そらちぃ
綺麗だよな
あなた

え?

そらちぃ
夕焼けの色
あなた

あー笑

そらちぃ
あなたと思った?
違う違う〜〜
あなた

もう、そんな言い方はだめっしょ!

そらちぃ
そうか笑
エイジ
あなた〜
あなた

あ、えいちゃん!

エイジ
帰ろ
あなた

うん!
ばいばいそらー

そらちぃ
おう、じゃあな
















二人が出て行った後そらは叫んだ
そらちぃ
あー!!!!!
そらちぃ
(俺、なんで気がつかなかったんだよー‼︎
綺麗とかなんで思ってんだよ!
今頃気づくとかマジいかれてる)
あの瞬間そらは気づいてしまった。





そらちぃ
(あの時怒ったのは嫉妬したせいだし、抱きしめたのも。
なんで、付き合うの止めなかったんだ俺…。おせえな本当に。
分からんかったわ
いっつも一緒おるからさ、あーなんでだよ。)




そらはその場に座り込む






















そらちぃ
俺、あなたの事が好きだ…














ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



あとがき




どうもー😳
閲覧ありがとうございます!

まだ続きま〜す((長いですね笑

しかし!作者は受験生だ!
なので受験終わってからまた会いましょう🐒✨



では、また3月に〜〜🖖







へんてこりんなあとがきすいません🙏