無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

青色気分(上)






【授業中】

















そらsaid.








そらちぃ
(まじ、数学つまんねぇ〜
てか、やっと課題朝終わらせてんのにまた、出たしー最悪。
しかもなんか気分悪いし
キツイわー)





そらはあなたの後ろ姿を眺める


そらちぃ
(なんでだろう、なんか気にしてしまう…
変な気分…)
そらちぃ
先生
そらは、席を立つ
先生
どうしたかー??
そらちぃ
気分悪いので保健室行って良いですか?、
先生
大丈夫か??
いいぞ
行ってこい
そらちぃ
はい、



そらはゆっくり保健室に向かった。



そらは明るく人気者だから、保健室に行くのは珍しく、クラスも先生も少しざわつく




ツリメ
珍しいねそら
大丈夫かな?
あなた

ね、珍しい
(そら大丈夫かな…)



あなたは不安な顔を見せる








【保健室】



「ガラガラ」



保健室の先生
あら、そらくん
珍しいね、まさかサボり?
そらちぃ
違いますよ
ちょっと気分悪くて
保健室の先生
あらま、そこ座ってねつはかって
そらちぃ
はい



そらはイスに座る


そらちぃ
(なんかぼーっとしてきたな…
はぁ…)

熱を測ってみると37.9
結構高かった。


保健室の先生
あら、熱あるじゃない
親に連絡しとくよ
そらちぃ
いや、いいっす
多分、寝不足だから
少し寝て歩いて帰りまーす、
保健室の先生
本当?大丈夫?、
そらちぃ
うん、大丈夫ですって
寝不足ですよ寝不足
保健室の先生
分かった寝といていいよ
そらちぃ
寝ます


そらはカーテンを閉めてベッドに横になる

そらちぃ
(正直ガチでキツイ。
熱とかあんまでねえし、昨日は8時間も寝た((
風邪か?まあいいや)



そらは3時間ほど寝た。

もういつのまにかみんな帰っている時間になっていた



そらちぃ
(寝すぎた…)


カーテンを開けると先生と
横にそらバックなどが置いてあった

そらちぃ
おはようございます先生…
保健室の先生
大丈夫?体調

一様親に体調悪くなったので、休ませましたって言ってるから
そらちぃ
あ、ありがとうございます
保健室の先生
いえいえ
後、あなたさんがバック持ってきてくれたわよ
そらちぃ
あなたが?
保健室の先生
うん
保健委員だからね
男子はあんただしね((
そらちぃ
あ、そっか
保健室の先生
「お大事に」って言ってたわよ
そらちぃ
あいつが笑
まあ、明日お礼言っとこ
先生俺帰ります
保健室の先生
本当に大丈夫?
きおつけてね、
そらちぃ
大丈夫ですよ
さようならー



そらは保健室を出て下駄箱に行った。

そらちぃ
(なんか。気分悪い…)


(あれ、あなたの靴あんじゃん。
まだ帰ってないんかな)



そらはフラフラしながら片道歩き40分の帰り道をとぼとぼ帰る



空を見上げると雲が少し怪しく今にも雨が降りそうなくらいだった

夜なのにくっきりと雲は見える
そらちぃ
(雨降りそうだな…
てか、やべえ、まじフラフラすんだけど)


そう言ってそらは倒れ込んだ






























少しずつ雨が降ってくる。