無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

恋の意味
あなた

いろいろよろしく頼むよ??

そらちぃ
おう。
仲良くしろよ〜?笑
あなた

うるさい!
ちゃんとするわばーか笑

そらちぃ
ほーう
言ったな笑
ぜってえ喧嘩するなよ
あなた

しない自信しかない!えいちゃんだよ?
そらじゃないもーん

そらちぃ
ぅっさいなぁ〜〜

とりあえずさ
あなた

ん?

そらちぃ
幸せになれ
ばーか
あなた

は?二回もいいし!
分かってる!

そらちぃ
そっか笑
じゃ、帰るか
あなた

いいけど、りっくん達は?

そらちぃ
先帰ってると思う
真琴は?
あなた

真琴も今いろいろと大変だから
私が話すために帰りーって言ったから
いないかな

そらちぃ
じゃ、帰ろ
あなた

あ、うん
帰ろ





















あなたsaid.









徐々に沈む夕焼けが綺麗に見える

鳥達も鳴いている





あなたとそらは何気に楽しく語り帰っていた


クラスの事とかテレビの事とかふざけた事とか楽しい会話が続いていた



すると、急にそらがぶっ込んできた
そらちぃ
なあ、結局恋愛ってなんなんだ
あなた

え?笑何くさい事言ってんの?

そらちぃ
くさくねえよ!
疑問だよ疑問
あなた

・・・。
恋愛か…。そう考えたら私もそらも恋愛した事なかったよね

そらちぃ
した事あるだろお前。
恋愛って好きになる事じゃねえの?
あなた

あ、そっか
恋愛って気になったらもう恋愛なのかな?

そらちぃ
そこが、むずいんだよな。。
ぐぐるか
あなた

うん


そらは検索する
そらちぃ
恋愛・異性に特別な愛情を感じ恋慕う事。だってさー
あなた

異性ってオカマどうするんの!!

そらちぃ
そこかよ!
結局、好きになったらもう恋愛の始まりって事なんだな。



なんだかぎくしゃくしたような不思議な気持ちになった。













あなた

(私の好きな人はえいちゃんなんだろうか。)

そらちぃ
あなた?
あなた

え?あ、どうした

そらちぃ
ぼーっとしてるぞ
あなた

ちょっと意識が飛んでた

そらちぃ
大丈夫か?笑
じゃ、また明日な
あなた

うん。バイバイ








あなたはずっと考えていた。




あなた

(私、えいちゃんに恋してるの?
好きなの?
告白は嬉しかった…でも。
なんだか、違うような気がする。)






疑問に思いながら1日がすぎた







朝エイジに誘われ、朝登校を二人で行くことになった。





あなた

行ってきます。。

お母さん
あれ?あなた元気ないね
あなた

ちょっと考え事・・。

お母さん
(珍しい…最近いろいろ変ね。)
行ってらっしゃい
あなた

行ってきます。。







目の前にエイジが来ていた



あなた

わあ、えいちゃんおはよう

エイジ
おはよう。
なんかほわほわしてない?
あなた

私?

エイジ
うん
あなた

ちょっと、聞きたいことがあるんだけど…

エイジ
ん?何?
あなた

私ってえいちゃんの事…
好きなのかな?

エイジ
え?俺に聞く?笑
あなた

うん

エイジ
じゃあ。





エイジはあなたをぎゅっとする
あなた

///////

なんだかすごく心臓がばくばくした。



エイジ
どきどき…する?//
あなた

うん//…すごくする

エイジ
あなたは俺の事好き?
あなた

…好き//






エイジは離そうとしたがあなたは離そうとしない
エイジ
あなた?
あなた

えいちゃん//。
お願いします…//