無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

青色の違和感。。
エイジ
え、お願いしますって…?//
あなた

分かんないの?笑//
付き合うのだよ!

エイジ
えー!!!//






















エイジsaid.






エイジはゆっくりあなたを離す








あなた

えいちゃんなら、付き合っていいって思った

エイジ
本当だよね?
あなた

本当だよ!

エイジ
よっしゃぁぁぁあ!!!!!!!
しゃぁー!!!!
あなた

喜びすぎじゃん笑

エイジ
なるよ!なるよ!
こうなっちゃうよ!






エイジの喜びは止まらない




エイジ
(嬉しすぎるに決まってんだろ!!
だって、ずっと思ってた人からOKとか、いえーい!!!!!)
あなた

(えいちゃん嬉しそうで何より笑)
















学校到着









なんだか初々しさが溢れていたのかもしれない






ツリメ
あれれ?なんか、二人、雰囲気違うね
エイジ
実は、ツリメ
ツリメ
え?なになに笑
エイジ
付き合う事になりました
ツリメ
ええー!!!おめでとう!!!
ツリメは大きな拍手をしたりボイパをしたせいで、クラス中、いや学年中に広まった




黒板にはあなた♡エイジと描かれたり朝からチヤホヤさせられっぱなしだった。







りっくんも
リクヲ
おめでとう!お幸せに
と微笑んで祝ってくれた





ただ、一人だけ違う色のやつがいた
エイジ
そら…どうしたのかな
あなた

え?そら




なんだかそらはむすっとしていた
エイジ
(あいつ、どうしたんだ…?
ご機嫌斜めっていうか…。)





気になってそらの方に行ってみる






エイジ
そら
そらちぃ
おお、エイジ
あ、おめでとう
エイジ
ありがとう
そら、どうかした?
そらちぃ
え?何が
エイジ
あ。いや、なんもないや
(気のせいなのか?)
そらちぃ
長続きしろよエイジ
エイジ
うん、もちろん








、、
エイジ
(そら、やっぱへんだ)






















放課後
あなた

えいちゃん!ごめん
居残り…

エイジ
いいよ、俺待ってる
あなた

本当!ありがと!!

エイジ
あなただけ居残り?





あなたは周りを見る


あなた

みたい…笑
ごめん






エイジはあなたの目の前に座る
あなた

(えいちゃん真ん前…近い//)


エイジはじっと見ている
あなた

(集中できない…//)
えいちゃん近す…








エイジはちゅっとする










































そらちぃ
(…、えらいもん見たな


あれ?






















なんか痛え…)