無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

あらためまして赤い君
あなた

えいちゃん…これは。





エイジはそらの胸ぐらを掴む
エイジ
何してんだよ。
ふれんじゃねえよ‼︎‼︎





エイジは殴ろうとするとあなたは、
止めに入った。




あなた

えいちゃんやめて!
やめて!

エイジはあなたを見ながら今まで見たことないくらい悲しい顔をした。
エイジ
好きだったのに
こうか?
ひでえよ。



エイジはゆっくり胸ぐらを離し
外に出る









「ガチャ」


部屋の中は静けさが漂う。



そらちぃ
ごめん。あなた
あなた

いや、ごめん。私こそ…。
ぁ。えいちゃんのとこいかなきゃ。





あなたは走って外に出る。
あなた

(えいちゃん。本当にごめん
なんだか、そらを許す自分がいた)

あなた

(いつも優しくしてくれてるのに、
私…迷惑ばっかだ
本当にごめん。。)





あなたの目にはいつのまにか涙がうかぶ。





走り続けるとエイジの後ろ姿が見えた。


あなた

(あっ!えいちゃん。)



最後まで思いっきり走る。




そして、エイジの後ろをぎゅっとした。






エイジは歩いていたのを止め、あなたの手をそっと離そうとしたが、あなたは手に力を入れて離そうとしなかった。






エイジ
あなた。
あなた

ごめん。本当にごめん。

あなたは泣きながら言う




あなた

私、私
えいちゃんを悲しめちゃった。
ごめん、




エイジはあなたの手をぎゅっと握る。




エイジ
俺もごめん。あんなに暴走して
あなた

なんで、謝るの
本当にやさしいんだもおおおん泣

エイジ
ちょ、泣きすぎ!
背中に伝わる笑


エイジのTシャツは涙で濡れていた
あなた

うわっ!!ごめん!笑笑



エイジはあなたの頭をぽんぽんとした、


あなた

あ、//

エイジ
うん。よし///



エイジは少し照れ隠ししたようににやけるのを堪えてる




あなた

えいちゃん笑
仲直りでいいの?

エイジ
俺もそんなねちねちしねえよ笑
彼女だし
あなた

(えいちゃん、あらためまして最高だなって思っちゃうよね。)


























そらsaid.














そらちぃ
(本当にやべえ事した。。
まじ何してんの)
そらちぃ
(告るとかありえねえな、、)
そらちぃ
(時間…まきもどしてえ)