第2話

ひまりside     
             ヒロセ
波瑠『実はね隼太、3年生の広瀬先輩好きらしい』
           ヒロセアカリ
『え、広瀬先輩ってあの広瀬朱莉?!!!』
波瑠『声でかいわ笑そーらしい』







嘘でしょ?朱莉先輩って学校イチのなんでも出来る美人って有名なのに、
どうしよう、、隼太って美人好きだったのー泣






キーンコーンカーンコーン
《ありがとうございました。》






あーやっと授業終わったやー!!!
まぁ隼太の事しか頭に無かったけど笑




波瑠『ひまりーーーー!!』
波瑠『ごめん!今日一緒に帰れない!日直だ泣』


『わかったー!がんば!!!!』
波瑠『ありがと!』






波瑠、日直かぁー たまには1人もいいかな!それより隼太の事
ホントかなー泣

??『おーかーだーくーん!』


え?おかだくん?岡田って隼太のこと?!




隼太『朱莉先輩待ってくださいよー』




え、どういうこと?隼太?!



朱莉『今からどこいこっか?』

隼太『どこでもいけるっす』


今からどこか行くの?!どんな関係?!!


私の頭は?マークで埋め尽くされた
ドンッ

『きゃっ』

颯汰『なーにしてんだ?』

『なんだ颯汰かー笑』

颯汰『なんだってなんだよ笑』