プリ小説

第12話

ひまりside


どうしよう



あんなこと言われたら隼太と話せなくなるじゃん


あーあ。。



波瑠『ひまりー!大丈夫??』



『あ、うん』



波瑠『大丈夫じゃないでしょ?相談乗るから』



波瑠『てゆーか、颯汰居るの気付いてる?笑』



え、颯汰?



颯汰『もぉーひまりー!そんな顔してー!!』



波瑠『え、なに颯汰オネェ笑』



颯汰『違うわ!!』



『ふふっ笑笑なんか元気でたーー!』



颯汰、波瑠『よかったー!!!』



波瑠『ちょっと合わせないでよ!笑』



颯汰『お前こそ笑』



この二人にならさっき言われたこと話してもいいかな?



『あ、あのさ』



波瑠『ん?どした?』



大丈夫!!話してみよ



『あ、あのね』


私はさっき小百合先輩に言われたことを全部話した



途中で泣きそうになりながらなんとか言い終えた



波瑠『なにそれ、小百合先輩も朱莉先輩もそんな人だったなんて、』


颯汰『女の世界も大変だー』


波瑠『それより、小百合先輩怖すぎる』



『だよねー、、』



あれ、なんか泣いてる?!



颯汰『あちゃー早く話してくれたらあの小百合って人に言ったげたのに!笑』



波瑠『颯汰!明日ひまりに何も言われないか見張り隊をしよう!』



颯汰『おう!』




ほんと私っていい友達持ったなぁ泣泣




あー、隼太の事好きなのに、




話せないなんて無理だよ




ただでさえ片思いで辛いのに




朱莉先輩に告られてないかなー

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

こーひー牛乳:
こーひー牛乳:
主に歌詞画像作ってます🐅 画質は保存して頂けば良くなります👅👅 リクエストなどコメ欄で好きな歌教えてもらえると喜びます🤗 菅田将暉大好きなので菅田くんも出します💕💕 Follow & いいねまってます🤝