プリ小説

第2話

真冬side
俺には、妹がいる。
そんな妹をずっと、ずっとそばに置きたいと思ったのはいつ頃からだろうか。
こんなに可愛い妹に近づく男は全員排除してきたつもりだ
安土美雪
安土美雪
お兄ちゃん~!これわかんなーい
やっぱり来ると思ったよ。
美雪。
お前は無防備だよな。俺に襲われるぞ。とか言いたいけど、そういうキャラじゃねーしな
安土美雪
安土美雪
お兄ちゃん?
安土真冬
安土真冬
三十分前も来たよな??
安土美雪
安土美雪
だってさ、いんすうぶんかい??ってわかんない!!
安土真冬
安土真冬
どこが、、
簡単だろこんなの
安土美雪
安土美雪
あーはいはい。お兄ちゃんは頭いいですもんねー!
安土真冬
安土真冬
お前なぁ。
今からこれ英語で教えてやろーか。
英語と数学完璧になるぞ
安土美雪
安土美雪
いやぁ!ごめんなさい!!
ほら、こんなに可愛い。
いじったらこんなに可愛い反応しかできないのかこいつは。
安土美雪
安土美雪
ねぇ、いちじほうていしき?ってなに
俺は本当にわかんなそうな顔をしている美雪見て抱き締めたくなったでも我慢我慢。
安土真冬
安土真冬
しかたねーな。
教えて‥あげるとでも言うと思ったか?
今から言うもの買ってきて?そしたら教えてやるよ(ニコッ
安土美雪
安土美雪
うわー、酷い!!お兄ちゃんはひどぉい!!
俺だってなぁ、お前にこの心バレねーようにすんので、大変なんだよ‥分かれよぉ‥くそっ、、
安土美雪
安土美雪
あ!ちょっと待っててね
安土真冬
安土真冬
ん?なにしに行くの
安土美雪
安土美雪
ちょっとね(ニヒヒッ
安土真冬
安土真冬
??
俺はよく分からなく頭にはてなを浮かべ数分待っていた
安土美雪
安土美雪
お待たせ~これ食べてみて
渡されたのは丸い形のクッキーだった
安土真冬
安土真冬
なんだこれ、クッキー?
安土美雪
安土美雪
ほれほれー、食べてー
俺はすすめられたので食べてみる


サクッ
安土真冬
安土真冬
ん、んまっ。これ、‥お前作った?
安土美雪
安土美雪
でしょー!
お兄ちゃんの好きな味にしてみたの!!
リンゴクッキーだよ!!リンゴをね!すりつぶしたの!そうすると、食感も残るからいいんだよー!
褒められたから嬉しかったのかすんごい笑顔で話していた。
俺のために‥くそ、可愛すぎか

俺は危なく妹を抱き締めるとこだった
でも所詮俺たちは兄妹。
恋をしても意味がないんだ

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

雪  月御
雪  月御
たくさん、いいねありがとうごさいます!! いろんな方が楽しめるようなのを書くので見てください!👍 おそ松さんや、色んなアニメとかも小説にしたいと思います、たくさん見てもらえると俺は嬉しいです。誰かネッ友さんになりましょう😐 俺から、コメントでお話しします!! ⚠️月御の嫌いなタイプ大紹介⚠️ 自己主張強いやつは、すんごい嫌いです‥ ★月御の好きなタイプ★ 女の子💕 笑顔が可愛い子は好き。 話し合う人(相談乗ってくれる人も) 軽くない人も好き 男の子✨ 話し合うやつ 一緒にずっとつるめそうなやつ。