プリ小説

第6話

真冬side
ヤキモチを妬かせようとした
だってさ、いたんだし妹が
安土真冬
安土真冬
‥‥今日早く終わったのか?‥
ボソッと言う
丁度いい感じで
俺のファン(??)が、俺によって来た
女の子
真冬くーん
今度デートしよっ?
今だけありがたく思っとくよ。
安土真冬
安土真冬
うん、いつかね(ニコッ
お、見てるけど、、
妬いてるようには見えないなぁ、
安土真冬
安土真冬
あれ、美雪。 
今日早かったのか?
安土美雪
安土美雪
あ、えっと、、
うん!、早く終わったから、迎えに来たよ!
心のなかで溜め息をつく

はぁ、だめだ。
いつ振り向いてくれんの?

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

雪  月御
雪  月御
たくさん、いいねありがとうごさいます!! いろんな方が楽しめるようなのを書くので見てください!👍 おそ松さんや、色んなアニメとかも小説にしたいと思います、たくさん見てもらえると俺は嬉しいです。誰かネッ友さんになりましょう😐 俺から、コメントでお話しします!! ⚠️月御の嫌いなタイプ大紹介⚠️ 自己主張強いやつは、すんごい嫌いです‥ ★月御の好きなタイプ★ 女の子💕 笑顔が可愛い子は好き。 話し合う人(相談乗ってくれる人も) 軽くない人も好き 男の子✨ 話し合うやつ 一緒にずっとつるめそうなやつ。