無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第93話

お兄さんといっしょ
2,323
2020/02/02 13:19
部屋を暗くして、ベッドでSNSチェック
寝る前の週間だった。
両耳をイヤホンで塞ぎ、おもしろ動画に声を抑えて笑う。
一通り見終わったら電源を切って眠る。
そのはずだったのに、うつ伏せにイヤホン、そのせいでひっそりと入ってくる人間に気づきもしなかった。
口に布を当てられて、すぐに力が抜けてスマホが手から落ちた。
苺
へ...?
イヤホンを無理やり外され、掛け布団を引き剥がされた。
男
スマホ依存の悪い子はだ〜れだ?
苺
あんた..だれっ!?
同様で何も考えられなかった。
力が入らないから抵抗する事も出来ずにパンツを脱がされ、膣内を指でいじくり回される羽目になった。
男
いや〜現役JKのマンコあったけぇ〜
苺
JCだしっ!指..抜いてぇっ!
男
抵抗できないだろ?
苺
卑怯よ..!!
男
恨むなら彩春ちゃんを恨むんだな
苺
い、彩春ぁ?
体が動かないだけじゃなく、頭もぼーっとして来た。
彩春...いろはって..誰だっけ....?
苺
い..ろはぁ?
男
この薬すっげぇ聞くんだなぁ〜
頭まで機能しなくなったら次は段々敏感になってくらしいけど...まぁ手マン続けりゃ分かるか
男が言っている意味も全く分からなかった。
状況が理解できなくなって、気持ちいいという事しか考えられなくなった。
苺
あ..あはぁ〜...あっ!!....ん"ぁぁっっ!!
男の指の動きに合わせて感じる快感が段々と増して、一撫でされる度に意識が飛ぶような快感に襲われる。
寝そべっていた姿勢から、段々尻が高く突き出され、足ごと跳ねている。
男
ぴょんぴょん跳ねて!そんなに嬉しいかよ!
苺
あ"っあ"っ!!う"ぅぅ〜〜っ!!
話す言葉も見つからない程頭が快感で埋め尽くされて、ただ声を出す事しかできない。
手はピンと伸びてベッドに垂直につき、背中を大きく反らせて、頭は上を向いている。
男
もう愛液ぐっしょぐしょだなぁ!いれるか!
男は私の腰を掴んで、激しくピストンを開始した。
指より奥まで届く為、快感も増して、頭がグラグラする。
苺
お"あ"ぁっ!!い"いいぃぃぃっっ!
じょばじょばと音を立てて潮がベッドに打ち付けられる。
膣内を突かれ続けている間は絶え間無く溢れ出してくる。
男
くじらかっての!
脱水症状なるぞこりゃ!
苺
お"っお"っ!う"〜ん♡♡
男は外に射精して、私の体を仰向けにした。
苺
はぁ"っ....はぁ"っ....!!
男
貧乳だけど、薬でビンビンになってて感度は良さそうだな
右の乳首を口で、左の乳首を指でいじられる。
腹には男の体重がかかっていて大きくは動けないが、私の背中が反って居るのは分かった。
苺
ふっ!!う"んっ!
男
乳首だけでイかせてやろうか〜
そう言ってから激しく舐め回したり、吸ったり、噛んだり、摘んだり、引っ張ったりで、何回も絶頂した。
苺
あ"え"〜....
男
じゃあおちんぽ第二ラウンド行くか!
また肉棒が腟内に入って来て、激しくピストンする。
男の顔が近づいて来て、キスをしていた。
苺
ん"...ぢゅっ..!!...ふぐっぅ...!!
その後も何度も何度も体位を変えて交尾をして、乳首や陰核をいじられ、キスをして、何度も絶頂した。
薬の効果が切れかかって、やっと話せるくらいまで戻って来た。
男
気持ちよかったか?
苺
うん...♡おにいさんのおちんぽすきぃ♡
足を伸ばして座る男に倒れ込んで、顔を肉棒に擦り付けた。
まだまだソレが欲しい。その意志を込めて舐めながら話す。
苺
おにいはんの..おひんぽ.....きもひいかりゃ...♡
男
もう疲れたな〜
続きはココじゃなくて、別のとこでしいな?
苺
もっとシてくれる...?
男
もっと良い薬もあるぞ?
苺
いくっ♡おにいひゃん!つれてってぇ♡
男
お兄さんじゃなくて、ご主人様だろ?
苺
ごしゅじんひゃまぁ♡