前の話
一覧へ
次の話

第49話

最後までご覧いただけたら嬉しいです
聞いてください皆さん


まず
今まで更新せずごめんなさい

絶対☆減ってるかな?
なんて見てみたら
増えてました


本当にありがとうございます

感謝しかないです


でも
申し訳ないのですが
この小説を消そうと思います


なぜかと言うと

全然案が思いつかないんです


最近冷め期と言うかもう少しでヲタ卒しそうで
てかしてそうな勢いで
JUMPに興味がないと言うか

今結構韓国が自分の中できてるんです


多分それもあってか
頭の中で考えることはできるんです

でもいざ
こう文字にしてみると


手が動かなくなるんです

その状態で
1回最後まで書いたんです


全然中身が無くて

今まで私が更新していたお話と
比べ物にならないくらい酷かったんです


こんなものを皆さんに見せられない

こんなに待ってもらって
これはない



と思うくらいでした


その
お話の感情、どんな場面か、主人公はどんな顔なのか、サブはどんな心情なのか


なんて
読んでも全然浮かばなくて

末期なのかなと思いつつ今まで過ごしてました


こんなに
待ってもらって本当にごめんなさい

皆さんを読者さんを裏切るような行動
したくないんです


でも
ヲタ卒しそうなやつが
JUMPの小説を書いていいのかと
自分に問いたら


「 ダメ 」



と言う答えしか、かえってこなくて

だからこの小説
いや

私が今書いている全ての小説を消して


また

違うグループで
1から始めようかな

と思います



今の時点でダメなのに
他のグループで書いて変わるのか

そう思う人も少なくはないと思います


でも

私は小説が好きなんです
書くことも読むことも

だから



書くことを辞めたくないんです




なのでご理解の程よろしくお願いします_(._.)_



今までありがとうございました

この小説を書いてる時はとっても楽しかったです



(* . .)))ペコッ





以上