無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

180
2017/12/14

第4話

心配
言い合っていていつまでもよしえが来ない事に気づいたルキ達4人は…
ルキ
ルキ
おい、それにしても言い合っておいてあれだが、よしえ風呂に入って入るはずだよな?それにしては戻って来るの遅くないか?
コウ
コウ
確かに、よしえちゃん部屋に戻ってるのかな?
ユーマ
ユーマ
いやそれはねぇんじゃないか?いつも風呂上がったらここに来てから部屋に戻ってるだろ
アズサ
アズサ
確かにそうだね、よしえさんどうしたんだろう?
ルキ
ルキ
まさか、あいつさっきの言い合いを聞いていたのか?
コウ
コウ
あ、ありえるかも…どうしよう、あの子怯えてないかな…
ユーマ
ユーマ
ありえるな…まさかとは思うがよしえ逃げ出してねぇだろうな…
アズサ
アズサ
だとしたらやばいよ…よしえに何かあったら…あの方に、怒られる…
ルキ
ルキ
くっ…よしえ…頼むまたお前を捕まえて躾直したり、罰を与えたくない…お前に、怯えられたくない、怯えさせたくないんだ…でもあの方には逆らえない…よしえ…頼む逃げていないでくれ…
コウ
コウ
ちょっとルキ君本気…?よしえに、逃げられてたら罰与えて躾直すって…いくらあの方に、逆らえないからって僕達よしえが大切なのにほんとにまた酷いことするの…?
ルキ
ルキ
俺だってしたくない…だが仕方ないだろう…そうなっていない事を祈ってお前達早くよしえの部屋へ行くぞ
コウ
コウ
信じられない仕方ないからってよしえに、また酷いことするなんて!でも早く確認しに行く事には賛成早く行こう!
ユーマ
ユーマ
おう…(よしえ…頼む逃げてないでくれ…コウも喧嘩しちまうしこれからどうなって行くんだ…)
アズサ
アズサ
よしえさん…逃げないでいて…今行くよ…
そうしてよしえの部屋へ4人で行くが、よしえは部屋におらず…