無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

175
2017/12/17

第7話

誘拐
作者から  前アンケートで次からそれぞれの物語書きますと言いましたがもう一回か二回くらい皆のストーリーもう少し書きます、それでは本編行きます
一方その頃よしえは逃げ出し夜の学校に逃げ込んで隠れていた時…
キノ
キノ
ユーリ遂にあの子1人になったね、絶対に手に入れて父上をいや、カールハインツを倒すんだ、そしてローティゲンベルクを解放して魔界をグールが住める世界にするんだ
ユーリ
もちろんです、キノ、その為に私は貴方について来たんですから
あなた

はあ、はあ…っ…私何で学校になんか逃げ込んじゃったんだろう…ルキ君達皆学校なら探したらすぐ見つかっちゃうのに…でもそれでもしばらく1人でいたい…

そうしてしばらく学校を歩き回り全然警備員の人の気配がいないのを不審に思いながらも歩きそして資料室は棚がたくさんあり隠れれる場所が多い為そこに隠れ差し出されてしまう事を悲しみ泣き疲れてしまい寝てしまっているとよしえの背後に近寄って来る影が2つあったがよしえは気づかず…
キノ
キノ
なあんだ寝てるよ、この子しかも涙流してる1人でいた事といい、なにがあったんだろうねユーリ、まあどうでもいいけどね簡単に捕まえられそうだし
ユーリ
はい、捕まえましょうキノ
そうしてよしえは寝ているうちに運ばれてしまい目が覚めると知らない場所でベッドの上で手、足を縛られ寝かされており…窓が開いておりそこから何かが腐っているような変な匂いがしてきていた…
あなた

ここどこ…?私確か学校の資料室で…うっ…何この何かがってるような匂い…それに私縛られて…

ユーリ
お目覚めですか、キノに報告してきます縛られてるので無駄だと思いますが逃げようなんて思わないで下さいね
あなた

あ、貴方は…!キノって…あ、私を前捕まえようとした…いや…離して…

キノ
キノ
あっれ~今目覚めたんだおはようイヴ
そこには私を前捕まえようとしたキノと言う吸血鬼が来て、私に近づいてきて…