無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

86
2017/12/23

第14話

キノの企み
そうしてよしえはお風呂に入り…
あなた

コウ君…コウ様ごめんね…嫌な思いさせて怒らせちゃったけど今はこれでいいよ…だって私ルキ君の事今考えるのが辛い…それにコウ様にも気持ち吐き出して貰えたらいいなって思ってるだからこれでいいんだよ…

一方その頃コウはよしえと寝る部屋のベッドを魔力で柔らかいベッドに変えそしてからお風呂へ向かい…
コウ
コウ
やっぱりベッドはふかふかのベッドがいいよ…昔なんてそんなの無理だったくせにね…まあいいや早く風呂入っちゃお…
そうしてお風呂へ入り…
コウ
コウ
はあ…どうしよう…よしえちゃんに自分から乗せられたとは言えだんだん本当にあの子が自分を犠牲にしようとする態度に苛々しちゃって今でもおさまらない…ごめんよしえちゃん…酷くしちゃいそうだよ…だけどルキ君より自分に振り向かせたいのは事実なんだよ…本当は酷くしたくないけどごめんね…君が悪いんだよ自己犠牲になろうとするから行けないんだ…
そうして2人はそれぞれ色々考えながらお風呂から上がって部屋へ向かっていた…しかしその陰でそれぞれ2人の話を聞いていた怪しい陰が1つあった…
キノの使い魔
なるほど…ひとまずキノ様とユーリー様に報告だ…
キノ
キノ
ご苦労お帰りどうだった…?
キノとユーリの捕まっている牢屋で密に話している使い魔が話しており、報告を初めていたが上にいる3人は気づかずキノは報告を聞きある企みを考えており…
キノの使い魔
はい、キノ様…あのコウと言う吸血鬼とイヴですがどうやら昔人間として最後に死んだ孤児院へ行っていました。そして~(省略)と言うわけでイヴと喧嘩をしてどうやらこれからイヴを自分の物にしようと考えているようです…どうしますかキノ様…?
キノ
キノ
ふふっ面白くなってきたそれじゃあね、君たちはイヴ達の所に行って…(ああして~騒ぎを起こして(次回以降のお楽しみで))そして僕達は3人が出払うだろうからそしたら僕がその時脱出して混乱に乗じてイヴを奪う…そして上手く行けばコウもルキたちもいなくなってくれるかもしれないしね、そういう事でよろしくね♪