無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

76
2017/12/25

第18話

ドレス
そして準備が終わり広場に案内されたよしえは…
あなた

ああ、私こういうドレス着るの初めて…似合ってるのかな…それに真っ赤なドレスって…

ルキ
ルキ
ほう…真っ赤なドレスか…中々似合っているじゃないか…よしえ、それにまるで血のようでそそられるな…
あなた

えっ…ルキ君…そ、そんな…確かに真っ赤だけど…

コウ
コウ
もうルキ君素直に、似合ってるって言えばいいのに…確かに真っ赤で血のようで吸いたくなってくるけどさ♪でも似合ってるよ凄い綺麗だよ、よしえちゃん♪
あなた

も、もう…コウ君まで…(よしえは真っ赤になっていた)でも嬉しいありがとう…私、こういうドレス着るの初めてで似合ってるか不安だった…だから褒めて貰えて嬉しいよ

ユーマ
ユーマ
おう、よしえ中々似合ってるぜ
アズサ
アズサ
よしえさん…素敵だね…綺麗だよ…
あなた

み、皆…ありがとう…皆もその…凄い普段よりか、格好…いいよ…

4人
よ、よしえ…よしえちゃん…よしえさん…
カールハインツ様
おやおや皆そろって恥ずかしがっているのかい?
あなた

あっ?!カ、カールハインツさん…

4人
カ、カールハインツ様…
カールハインツ様
イヴ、よしえさん、そしてルキ達も皆似合っているよ、さてホールに皆が大広間に魔界の住人達が皆イヴとアダムのお披露目を楽しみにしているよ…行こうか…
あなた

は、はい…

4人
はい、カールハインツ様…
そうして会場に行くとたくさんの食事にそしてたくさんの魔界の住人達がおりそして何より驚いたのは、そこに月浪兄弟始祖の2人がおり更に逆巻兄弟も全員で来ていた事に無神兄弟達も、そしてよしえも、驚きを隠せないまま、カールハインツ様の紹介が始まり、お披露目がスタートし…