プリ小説
一覧へ

第1話

19人目
高校二年生の私、ことねはJKなう〜!
友達は1番大事✨(友達は大事にする)
私なんて中学にはいってからよく告白されるのw
羨ましい?でしょ!まぁブスなんてろんがーいw
あなた

今日も告白かな...
下駄箱に放課後音楽室だってー
めんどくさーいw友達と帰る約束したしたのに〜( ¯−¯ )まぁ「はい」って言ってすぐ帰ってこよっと。これで何人目だ19人?かな

そんな文句ばっか言いながら、ゆっくり音楽室へ向かう。ドキドキなんてそんなもんないないw
ガラガラ
あなた

あ、いた...

そうた
あっ、よっ、!...
同級生か...先輩が良かった〜(≖﹏≖✿)
あなた

よっ...!
どうした?

それくらい知ってるw告白だろw
そうた
あっ、えっと...あの...
早く喋ってよ〜
友達が玄関でまってるんだからー、
あなた

なに??(にこ)

そうた
おっ!俺と付き合って...下さいっ!
あなた

はいっ////

本当の私なんてこんな人じゃない
友達以外私の性格なんて知らない
そうた
...えっ!!俺なんかでいいの!?!?
あなた

うん!いいよ(にこっ)

あなた

あっ、私これから用事あるからもう帰るね!これから宜しくねっそうた!

そうた
おう!
音楽室を出る
あなた

はぁー偽物の自分ってホントに疲れるわ

あなた

そうだ!友達待ってるんだった!

ダッシュして友達の方に行く
友達A
ことねー、おっせーw
どんだけ待たせんのよーw
どうせ、告白でしょ??
あなた

うん
走ってきたせいで息があらい

友達A
あんたさー、ホントに好きな人とかいないわけー?
あなた

そうそういないいない!
ってか好きになる人なんてできませーんw

友達A
なんでことねってさすぐ告白OKするの?
あなた

えっwただの暇つぶしwww

友達A
暇人めー!w
そんな会話をしながら友達と下校した
そんなある日ことねに...

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

り。
り。
よろしくお願いします