プリ小説

第5話

嫌われる...
ーーー優希目線ーーー
なんでだ?なんでなんだ?
俺は、体育の時間の時にそんなことを考えていた。

また、狩野にひどい事をした。
あーあ狩野に嫌われたかな...
俺が素直じゃないのが悪いんだけど...
まぁ、嫌われてもしょうがないか~...

そんなことを考えると涙が出そうになる。
俺は、こんな所で泣いたらダサいと思って涙を必死にこらえる。
俺は、どうしたら良いんだろう?
そんなことを考えているうちに体育の授業が終わった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

フォロー外してください
フォロー外してください
移行します フォローしたい人は次のアカウントで投稿する小説でも#音波奏って入れるので、好きにフォローしてください