無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

理解不能
ーーー亜里沙目線ーーー
体育の授業が終わった後、教室に戻ったら、狩野と小野君が話していた。

ん?
なんで?
なんで狩野と小野君が話しているの?
狩野は、小野君の事好きじゃないよね?
むしろ、嫌いって言ってたよね?
理解不能
なんで?なんで?なんで?
なんで狩野と小野君が話しているの?
狩野は小野君の事嫌いじゃないの?
嫌いなら小野君の事嫌いなら、小野君から離れてよ‼
許さない...
狩野は許さない!
イライラする気持ちを必死にこらえて、私は、授業を受けた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

フォロー外してください
フォロー外してください
移行します フォローしたい人は次のアカウントで投稿する小説でも#音波奏って入れるので、好きにフォローしてください
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る