プリ小説

第2話

異変
何故なのかわかんない、

でも言われた

「ゆなさ、うざいからはぶこ」

え。?

昨日まで普通だった。

いつも通りだった。

私はみんなで一緒にいたかった

でも

自分が標的になったら怖くて

『わかった。』

って言っちゃった

その日は1日中憂鬱だった。

でも、心の底では

これでいいんだ。

なんて思ってたのかもしれない

それから毎日

ゆなは私たちと話さなかった。

私たちがゆなと話さなかった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

OMI&YURI
OMI&YURI
☟☟☟open☟☟☟ 気ままにいきます😊 文章を書くのはあまり得意じゃないけど 自分の伝えたいことを うまく伝えられるように 頑張ります👍