無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

自分の発言
ゆなのいない日常

自分の事じゃないし

まあいっかな

今日はゆなと一緒に日直

話しかけられた

「なんでみんなと話せないのかな」

「知らないしそんなの」

私はなんて冷たいこと言ったんだろ

ゆなの悲しそうな表情


見て見ぬ振りしちゃった





シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

OMI&YURI
OMI&YURI
☟☟☟open☟☟☟ 気ままにいきます😊 文章を書くのはあまり得意じゃないけど 自分の伝えたいことを うまく伝えられるように 頑張ります👍
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る