無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

.
放課後












大貴「いこ?」








もえ「うん」









私は有岡の後ろをついて行った













大貴「ねぇ



















ほんとは知ってるんでしょ。」












シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

こねこ
こねこ
小説初心者ですが、よろしくお願いします^ ^
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る