無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

575
2017/12/24 09:00
✻ユリ=YR 表記にします。


YR「あ、あなた~おはよん」


あなた「おはよ。ユリ」


YR「今日もユンギくんと朝からお熱いことで(๑´`๑)♡」


あなた「ちょっ、ユリっ///毎回見ないでって言ってるのに///」


YR「も~ほんとにじれったすぎ!とっとと告白しちゃえばいいのに。」


あなた「私にだって色々あるんです〜」


YR「色々ね〜、どうせ"ユンギとの関係を壊したくないっ!"とかいう理由でしょ?」


あなた「ユ、ユリっ!なんでそれをっ、、、」


YR「言ったでしょ、私にはあなたの気持ちなんてお見通しなの!はぁ、恋はさ、自分の気持ちに素直にならなきゃなんにも出来ないんだからね!」


あなた「っ!、分かってるし」


「はーい席つけーHR始めるぞ〜」


YR「お昼屋上ねヾ(¯∇ ̄๑)」


あなた「はーい、、、」


あ〜ユリが屋上でお昼食べるときってろくなことないんだよな〜。


まぁ、ユリには逆らえないからいいや


おもーい気持ちのまま時間は過ぎていき


ついに、お昼の時間になった


YR「あなた!行くよ!」


あなた「うん〜」


ユリにずかずか引っ張られながら思い足取りで階段を登る


屋上のドアをガチャっと開け


YR「あ!ジミンいた!」


JM「あ〜ユリ〜あらま、あなたもご一緒でw」


YG「よっ」


あ〜ユリのバカ