無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

- - - - 次の日 - - - -

今日は山道の散策。桜の綺麗な季節だからすごく綺麗なはずだ。


「てか今日午後から雨らしいよ?あなた、私から離れないでよね!」

『わかってるよゆりちゃん!離れるわけないじゃん!』


......

『ここどこー!!』


フラグを立てるのがうますぎるよ私...。
完全に迷いました。
ゆりちゃんも太陽も連絡繋がらないし...ていうかその2人しか連絡先知らないし!


ポツポツ☂️


うわ、雨!?
歩きすぎて痛んだ足で、私は必死に木陰に向かった。
なんで私2人の連絡先しか知らなかったんだろう。
コミュ障最悪。


こんな時に。高塚先生来てくれたりしないかな...
「おい!!」


えっ...?ほんとに来た...?