無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

先生said
『っ...!』

「それは俺の過去のトラウマのせいだ。
信じられなくなった。信じたくもなかった。」


- - - - - - - -

生徒に見つかったあのあと (第16話参照)
校長室に呼ばれた。


“ キスを仕掛けたのは生徒からに見えたと
伺ったがどうなんだね。 ”


その校長の問いかけに、生徒はこう答えたんだ。


『先生からです。私は無理やりされました。』


って。


- - - - - - - -


「だから俺はお前を避けたのに。どうしたって
お前は俺の心にズカズカ入って来て。」


避けても避けても。あなたは俺の心に住みついた。


「俺のことかばってきたり。あと無理に俺のこと
忘れようとしたり。」


全部が...




「愛おしくなった。」



『え...?』

「生徒が全員信じられるものじゃないと思っていた
俺を変えてくれたのはあなただ。」


あの女子生徒とは全然違う____


「お前が好きだ。」