第32話

三十一話。
あなた

、、、

中間淳太
ごめん。
あなた

先生は、悪くないです、、、

あなた

私が、先生の事、好きになっちゃったから、、、

中間淳太
馬鹿。
あなた

え、?

中間淳太
世の中に、好きになっちゃいけない人なんていないんや。
中間淳太
俺が言う立場やないけど、
中間淳太
俺、嬉しかったで。
あなた

え、、、

中間淳太
俺は、教師を辞める。
あなた

え?

中間淳太
小瀧に知られたって事は、全校に知れ渡るのも時間の問題やし。
あなた

嫌だ、、、

中間淳太
お前は、まだ先がある。
中間淳太
まだ…
あなた

嫌です、、、!

あなた

絶対、絶対に嫌!

中間淳太
、、、守屋?
ポンポン
あなた

元は先生が悪いんです!

あなた

優しくしてくれたから、、、

あなた

だから、、、

中間淳太
俺のせいか、、、ごめんな?
あなた

え、、、?

中間淳太
無意識に、俺は人を傷つけてたんやな、、、
中間淳太
悪かった。
あなた

違う、、、

あなた

違う!

ギュッ
中間淳太
守、屋、、、?
あなた

違います!

あなた

私が、、、

中間淳太
もう、こういうのはやめよう、
あなた

え、、、?

中間淳太
明日、退職届を出すから。
あなた

先生!

ガチャ