第6話

五話
いじめられているから、
ここに居る。
ここにいて、
授業前ギリギリに教室へ戻る。
これを繰り返していくうちに、
いじめっ子達は、私の事なんか
見向きもしなくなっていった。
でも、その時の恐怖を体が憶えていて、
時々蘇り、
怯えてしまう。
あなた

はぁ、

小瀧望
大丈夫か?
あなた

うん、ごめん、ありがとう。

小瀧望
早めに帰ろか。
あなた

うん…