第37話

三十六話。
神宮寺勇太
なぁ、、、?
あなた

え、うん、どうしたの、、、?

神宮寺勇太
俺、守屋の事好きかも、、、
あなた

え、、、?

ギュ
あなた

神宮寺、君、、、?

神宮寺勇太
付き合ってくれない?俺と。
あなた

ありがとう、、、

あなた

でも、ごめんなさい。

神宮寺勇太
なんで?
あなた

私さ、好きな人がいるんだよね。

神宮寺勇太
好きな人って?
神宮寺勇太
もしかして、さっきの人?
あなた

、、、そう。

あなた

先生に恋するなんて、ダメだってわかってるのに、

あなた

ダメだって、わかってるのに、、、

神宮寺勇太
たとえ、好きになっちゃいけなかったとしても、
神宮寺勇太
それはひとつの経験として、守屋の初恋として、
神宮寺勇太
おいておけばいいんじゃないかな。
あなた

うん、、、ごめんね、、、