無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

1話目で告白とかやっぱ無理ですよね?
ンダホ
ンダホ
せーのっ!
みんな
みんな
🎃♡Happy Halloween♡🎃!!
みんな
みんな
イェーイ!!!
全員は掛け声と共にわちゃわちゃとし始めた。
モトキ
モトキ
《ぺけたんに対して》
刈り取ろうとすんなwwwww
みんな楽しそうに各々、わちゃわちゃしている。

そんな中◯◯は…
あなた

《シルクを見つめる》

シルク
シルク
《(๑✪∀✪ノノ゙✧パチパチ》
◯◯はシルクを見つめ笑みを浮かべていた。
マサイ
マサイ
あーーい!w
ンダホ
ンダホ
《口にシュークリームを詰める》
ほがほご…w
シルク
シルク
《ンダホに葉っぱの帽子をかぶせる》
あなた

《シルクを愛おしそうに見つめる》

シルク
シルク
Wwwwwwwwwww
マサイ
マサイ
みんなー!写真撮るよー!
みんな
みんな
イェーイ!!!
マサイの声かけで全員がカメラの方へと顔を向けた。












次回へ続く






(。-ω-。)------------------キリトリ線-----------------(。-ω-。)
主…ANNA
主…ANNA
こんばんわ!おはようございます!こんにちわ!
ここまで読んで下さってる方々ありがとうございます(❁´ω`❁)

すみません!一旦ここで止めます!
じゃないと…1話1話が意外に長いので1回に全部書くのはさすがに大変です…w
なので!最初はここまでにさせていただきます!

あと、ドラマを小説化させるにあたって見つめる部分や皆がわちゃわちゃしてる部分はなかなか文章にはしにくいので、少しだけ私の言葉で書かせて頂くことになります!
こそはご了承ください!
主…ANNA
主…ANNA
それでは!次回の作品をお楽しみに!

せーのっ!( ๑≧ꇴ≦)ゞアデュー